【読んだ感想】「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法 大嶋信頼

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法 大嶋信頼 読んだ本
スポンサーリンク

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 

 

「あなたは自己肯定感が低すぎます。」

毎週通っているメンタルクリニックのケースワーカーさんに言われた一言だ。

自分ではそんな事はないと思っていた。

過去のトラウマに打ち勝つために必死に努力をしてきた。

ある仕事ではリーダーに抜擢されたり、重要な戦力として上司から非常に頼りにされていたりもした。

そして仕事の合間に独学で勉強し、とある分野で独立。

自営業者としてバリバリと仕事をしてきた!!!(メンタルクリニックに通いながら薬を飲みながらではあるが)。

後に限界がきたのか?仕事をせずに朝から酒浸り。あの頃は完全にアル中だったのだが、、、。

希死念慮もすごかった、、、。

「自殺 方法」「首吊り 確実」「楽に死にたい」などなど

お酒を飲みながら検索する日々、、、

そんな時にメンタルクリニックの先生に助けを求め、言われたのが前述の「あなたは自己肯定感が低すぎます。」という言葉。

『自己肯定感が低い、、、?』

なんとか解決策は無いかとたどり着いたのがこの本である。

スポンサーリンク

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法 大嶋信頼

本書は大嶋信頼さんという株式会社インサイトカウンセリングで代表をしているカウンセラーの方が書いた本。

何か気づきがあるのではないか?という思いから読んでみた。

読んでみて感じた事を書いていきます。

自己肯定感が低いまま頑張っても結果は出ない

冒頭からいきなり「おいおい、マジかよ」と思ってしまった。

自分の今までの頑張り全てを否定された気分だ。

そもそも自己肯定感が低いまま努力をしたって「何をやっても中途半端!」という感じで何も成し遂げられません。

 

自己肯定感とは?努力して結果をだして、高めていくものではなかったのか?

では過去のトラウマなどで心に傷を持ってしまって自己肯定感が低い我々は、どんなに頑張っても環境が恵まれている人には勝つ事が出来ないのか?

 

自己肯定感を下げるのは愛されるため

俺はプロフィールページにも書いたが虐待されて育ったようなもんだ。本当は愛されたかったのかなぁ。

本当にひどかった、、、。両親の関心は成績だけ。私は何もやりたい事をさせてもらえなかった。褒めてもらった記憶もない。

そのくせ、勉強しろ!勉強しろ!言われるもんだから、めーっちゃくちゃ頑張って学期末テストでクラスで1番になった。

そんな時に「そんなの当然の事でしょ」といった態度。

俺は褒めてほしかったんだよ、、、。

「良く頑張ったね!」それだけでも言ってほしかったよ、、、。

あの頃の悲しさは今でも思い出す。

 

自己肯定感が高い人は全く他人の目を気にしない

そのとおりだと思う。

自分は周りの目を気にしすぎだなぁ、、、。堂々と生きなければ。

 

子供のころに母親から「これでもか!」という感じで次から次へと否定されたように”自己否定”する考えがどんどん浮かんできてしまうんです。

過去に母親から何をされたとしても過去は過去。今後は自分を自分で褒めてあげよう。

でも自分で自分を褒めるって何をしたらいいんだ。。。良く分からない。

 

 

過去の事を引っ張りだして繰り返し検証するのは良くない

自分は良くやってしまっていた、、、。今後は気をつけよう。

小学生の頃イジメられていた事、部活で仲間外れにされていた事、低身長でバカにされていた事、母親から過干渉をうけ無口になってしまった事、義務教育が終わると同時に家を無断ででた事、、、、

罪悪感がないと言ったら嘘になる。

食事はしっかり食べさせてもらったわけだし、お金もかけてもらった、、、

 

「周りの人たちに申し訳ない!」という気持ちも自己肯定感を下げる

家族と絶縁した今でも、育ててくれた両親や祖母、兄弟に申し訳ないという気持ちがどこかにあったのかな、、、

元気にしてるかな?みんな。普通に生きたかっただけなんだけどな。

 

自己肯定感が高くなった方は「良いこと」とか「悪いこと」などが、まったく関係ない世界に行ってしまいます。

羨ましい。自分も行きたい。

成功したい。このどん底から抜け出したい。心から気を許せる友人がたくさんほしい。結婚もしたい。家庭を持ちたい。ひとりぼっちは寂しい、、、

 

責任感をなくしちゃうと、自己肯定感が上がる

ほんまかい!

たしかに今まで仕事上では「自分が頑張らないと」という意識がとても高かったように思う。

 

「人とのつながりを感じることで人は変わることができる」

これは分かる。孤独は本当つらいよね、、、。

 

人ごみの中で他人が自分のことをどう思っているのかを考えない

気になった時は「自分の姿は自分でしか分からない」と頭の中で唱える

うん。これは大事だと思う。他人の視線なんか気にするな。

簡単に過去を変える方法

実際にやってみたけど、、、うーん、、、

一度では効果を実感できないので何度かやってみようかとは思う。

 

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法 大嶋信頼 を読み終えて

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法 大嶋信頼 を読み終えて

 

他にも様々な自己肯定感をあげる方法が紹介されています。

著者の方も、もともと自己肯定感が低い人みたい。

少し著者の方の主観が強すぎるかなぁと思うエピソードがあったりもして、納得できない部分は正直ありました。

具体的にはかけませんがいくつか、、、

ただ1回読んだだけではまだ完全に理解できていないのかもしれませんね。

繰り返し読んで実践してみようと思います。

著者 大嶋信頼さんの評判

 

 

なかなか良さげですね^^

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 
読んだ本
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オワログをフォローする
スポンサーリンク
【オワログ】人生オワタからの復活を目指す生活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました