OVA(オーヴァ)とは何か?詳しい内容を徹底解説

OVA(オーヴァ)とは何か?詳しい内容を徹底解説 うつ病
スポンサーリンク

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 

 

世の中にはいろいろな団体があり、活動を行なっています。

その団体の1つにOVAと言われる団体があります。

 

OVAという団体が、「どのような団体で、どのような活動を行なっているのか分からない」

 

 

と思う人もおられるかもしれません。

OVAについて紹介していきます。

 

> OVA 公式サイトはこちら

 

 

スポンサーリンク

OVA(オーヴァ)とは?概要

まず始めに、OVAとはNPO団体です。

子供と若者の自殺を防ぐウェブ検索を活用した相談を行なっています。

現在ではいじめや心の病気、トラウマ、暴力、虐待などで、子供や若者の自殺数が増えてきています。

年間200万回以上検索される「死にたい」という声なき声に、支援を届ける仕組みを作って、助けを求めている若者を助ける活動をしています。

OVAの活動を取り組むようになったきっかけは、毎月約20万回「死にたい」と検索されていることを知り、多くの人が「死にたい」とう思相談することができないという現状を知ったため、2014年からウェブを活用した相談活動を行なっているようです。

自殺や生きづらさに関連する言葉を検索するとOVAの相談窓口が表示され、どこからでもメールで相談できる仕組みを開発して相談を行なった実績があります。

OVAは活動を円滑に進めるために寄付金を集めています。

活動を円滑に行うためには費用がかかるので、集めた寄付金で活動の経費に利用します。

相談事業では、専門スタッフによる継続的な相談を行うための人件費、相談サイトのツールの改善のための費用に使われます。

研修事業では、都内を中心とした若者支援職者向けの専門研修の開催費に利用されます。

アウトリーチ開発事業では、ネットによる支援提供の取り組みを他の分野で実施するための開発費に利用されます。

2014年の団体設立から、検索エンジンで自殺に関することを検索した人だけに広告を表示して、特設サイトに誘導し、オンラインでの相談を行っていますが、相談は臨床心理士や精神保健福祉士などの専門チームで対応を行います。

相談の際は専門チームで相談者の生活環境や悩みなどを聞き、改善方法を見出して「自殺したい」という考えを改善する努力を行います。

この検索エンジンを用いた事業は、5年間で125万回以上広告を表示して、730人以上から継続相談を受けています。

相談者の約30%はポジティブな考え方に変わった実績があります。

相談者の約30%はポジティブな考え方に変わった実績があります。

 

また、OVAは事業の目的として、「待ちの福祉」を「届ける福祉」に変えるという精神で「声なき声」事業も行っています。

相談者の多くはいろいろな種類生活課題をいくつも抱えているので、解決の糸口が見つからず自殺を考えるという課題がありました。

この課題を克服するのに、困っている人が来るのを待つのではなく、困っている人に積極的に支援を届ける取り組みを広げていきました。

2018年5月から支援を積極的に届ける取り組みに関する調査を行い、調査の結果から支援が届いていない人を見つけて届けるための「手引き」を作成しました。

このように、OVAはいろいろな理念や事業を通して、「死にたい」と考える人の援助を行っています。

OVA(オーヴァ)の良いところ

OVA(オーヴァ)の良いところ

OVAは支援活動をして、自殺を考える人の改善を考えています。

そんなOVAの良い点ところの1つ目はネットの検索エンジンの広告掲載です。

今では多くの若者や子供はネットを使うのが当たり前になっており、ほとんどの若者はスマホを持ってネットを行なっています。

何か分からないことがあれば、直ぐにネットを利用して検索するようになっているので、ネットを通して広告掲載を行えば、多くの人が広告を見る機会を得られます。

自殺を考える人や「死にたい」と思う人も、一度はネットを利用して検索します。

これは、OVAでも月間で約20万弱の検索が行われていることから分かります。

そのため、多くの「死にたい」と考えている人に、OVAの存在を知らせ、悩みを打ち明けることができるようにしているのは良い点だと言えます。

2つ目は「死にたい」と考えるハイリスク者にアプローチできることです。

「死にたい」と考える人の程度にもいろいろあり、何となく考える人もいれば、抑うつ状態で本気で自殺を考えている人もいます。

自殺を本気で考えている人は、人とあまり関わろうとせず、自分の世界に引きこもってしまう傾向もあるため、ハイリスク者に支援をするのは難しい現状です。

ただ、ハイリスク者でもネットで検索を行えば、OVAの存在と支援を見つけることができるため、自殺を考えるハイリスク者にもアプローチすることができて、今まで見つけることができなかった人にも支援を届けることが可能になりました。

3つ目は、多くの専門スタッフが相談してくれることです。

自殺を考える人はデリケートになっており、環境や悩みを相談する対応に難しさがあります。

対応方法も間違ってしまうと相手をさらに追い込んでしまうことになるので、対応には一定の技術が必要と言えます。

OVAは臨床心理士などの専門スタッフががチームを組んで悩みの改善を行うため、「死にたい」と考える人に適切な対応ができます。

その点は、相談をした全体の30%の人にポジティブな見方ができるように改善できていることから分かります。

OVAにはこのような3つの良い点があります。

OVA(オーヴァ)のイマイチなところ

OVAは「死にたい」と考えている人にアプローチして、結果も出していますが、改善しなくてはいけない点もあります。

1つ目は、全ての人に相談できていないことです。

検索エンジンを用いて相談をアプローチすることで、月間20万回以上の相談を受けていますが、現状で全ての人に相談できているわけではなく、地域を限定して相談を受けています。

アプローチをする方法は効果的ですが、改善を促す相手への相談という部分では思うような成果とはなっていないので、相談受付の体制を拡大する、キャパシティを上げることが課題になっています。

2つ目は、支援を届ける援助の方法です。

OVAではネットを使用して、「死にたい」と考える人に相談を受けるようにアプローチしていますが、ネットを使用したとしてもOVAの存在を全ての人に知らせることは難しいです。

「死にたい」などと検索した時に広告掲載がなされる方法も良いですが、広告掲載されても相手が行動を起こさなければ、相談まで行くことの難しさがあります。

広告を使用して相手にアプローチする際に、悩みを抱えている人が「相談したいと思わせる」
広告掲載の方法、また悩んでいる人の情報が行き届くような体制を作ることも課題になっています。

3つ目は、支援の拡大です。

OVAでは「死にたい」と悩む人への改善点を相談することができていますが、医療機関やNPOなどの支援団体で実施している例は少ないので、支援するのには限界があります。

OVAも支援拡大のためのサポートを行っていますが、現状ではまだ拡大されていないと言えます。

ただ、支援を拡大するプロジェクトも積極的に行われているので、今後支援が拡大される可能性は高いです。

まとめ

OVAは「死にたい」と考える人や自殺を考える人にアプローチして、相談を受けるなどの支援、またサポートをさらに円滑に、全ての人が受けられるように努力をしています。

OVAの活動の主な支援は、ネット検索者を対象にハイリスクの方の援助を行っています。

支援活動の成果を収めていますが、課題も多く残っているので、今後は課題を克服しつつさらに活動を拡大していくと思います。

さらに多くの人に支援が行き届くことを願います。

 

> OVA 公式サイトはこちら

 

 

 

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 
うつ病
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オワログをフォローする
スポンサーリンク
【オワログ】人生オワタからの復活を目指す生活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました