バイト先のメンヘラな女性社員が婚活で成功し結婚した話

バイト先のメンヘラな女性社員が婚活で成功し地方に転職した 出会い・婚活
スポンサーリンク

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 

 

「精神疾患をかかえている人って結婚スムーズにできるんかな?」

 

ふと思いました。絶賛婚活中のメンヘラブロガーおわろぐ(@zinseiowata2)です。

でも周りには、精神疾患をかかえていて婚活して結婚した人なんていないし、、、

ってわけで、体験談を募集してみました。

「ランサーズ」というサイトで募集してみました。

 

以下より私の文ではなく、ランサーズで応募していただいたライター様の文章になります。
スポンサーリンク

大阪府在住のMさんの体験談

今回ご紹介する、婚活に成功した社員は大阪在住の接客業をしている27歳女性である。

接客の間はいつも笑顔でいたが、控え室に戻ると無口で全体の前では交友関係は一切持たず控えめな方だった。マイナス的な思考で職場の空気を凍らせたり、怒る態度はヒステリックになるなどメンヘラ気質な女性であった。

しかし、半年間の交際を婚活サイトから経由して婚約された。地方に同棲することになり、この春に退職していった。

マッチングサイトの特徴

マッチングサイトの特徴

 

出会い系アプリとは違い、結婚を考えた出会いを求めているため、サイト側も参加している側も本気の方が多く集まります。

婚活パーティーや街コンとは違い、足を運ぶのはやり取りをした最後のため、じっくりとその人を知った後に実現させることができます。

また、人気サイトであれば登録者が大勢いるため大量の情報の中でぴったりな候補者を探すことができるでしょう。

肝となるのは、紹介される相手でありますが、その判断を取られるのが初めの記入事項であるそうです。

やり取りの間で、自身のキャラクター性を十分に伝えられるように自己理解も必要とされています。

先輩の職場先では、対人関係は避けていましたが、インターネットを介するとマメな返信でSNS等では的確な言葉選びでかなりスムーズに会話が進めやすかったです。

そのことから、相手側からの様々な質問にも全て返していたそうです。中には、くだらない質問の方もいたそうですが、途中で断ち切ることもできたので、人を選んで会いにいく人を見つけていました。

メンヘラな人格の方でも細かな返信のやり取りができる点や自己理解ができている点では、プラスになってたのかも知れません。

対人関係が苦手な方でもマッチングアプリならばスムーズな出会いが実現できそうですね。

利用者ナンバーワンサイトならPairs(ペアーズ)

ペアーズ

電車の広告でも見かけられるくらい、浸透している婚活サイトであり1,000万人を突破した利用者ナンバーワンサイトです。

実際にペアーズを活用して恋人や夫婦も誕生しており、その人達からの記事も多数見かけられ、戦略を考えられるサイトとなっています。

実際に、田舎から都会に出てきた方で知人もいない状態に寂しさを感じ利用したところ、利用者の多さに即座に相手を見つけることができ、現在も良好な友好関係を続けている方もいらっしゃいます。

全体的には、男性が多いように見かけられましたが、女性側からの良いねももらえるので男性でもアクションひとつでチャンスは訪れると思われます。

サイト内での課金制度も存在しており、登録料は男女ともに無料ですが、男性のみ期間ごとに区切られプラン設計が設けられています。お得な割引期間なども活用すると、他のサイトよりも手に届きやすい価格です。

無料会員と違う点は、制限がのかなり外され自由度が高まります。そのため残りの回数を気にせず行うことができます。

 

>> ペアーズの詳細を見てみる

 

先輩が活用していたサイトはOmiai(おみあい)

Omiai(おみあい)

Facebookからの登録も可能な連携した婚活サイトです。

信頼性が高まりその人の交友関係や投稿も情報公開している人ならば知ることができ、出会う前により深く知ることができます。

先輩は、20代の後半になりFacebookを利用する知り合いが増えたことをきっかけに身バレを気になりつつも、同じ年齢層が集まっているという情報からおみあいを活用されたようです。

設定では、非公開機能やカスタマイズできる方法がいくつかあったので自分の守りたいプライバシーは十分に尊重できます。

複数のサイトに登録して連携していたそうです。

やり取りの中で、次第に返信が遅れたり、突然消息をくらます人がいたからで、まずやり取りが続く人を見つけるところから入るそうです。見えないからこその自由な人が多く見極める力がついたそうです。

同じ趣味の方を探し出すことができ、初の顔合わせは相手側の地域でのサッカーの試合観戦だったそうです。

気まずくなることもなく、試合後にすぐ興味のある同士で感想を述べるのが純粋に楽しかったそうで、お互いにまた会う約束を帰る前に決めたという会うことにより、テンポよく進んで行かれていました。

出会ってからの話の鍵となる趣味などは、話を大きく見せずにいた方が会話を生み出すことができるので嘘や騙しまがいなことは書かないことが良いでしょう。

先輩と婚約者との関係は、遠距離でのお付き合いだったので、次に会うまでの期間、連絡手段としてメッセージ機能は交際中も重要な役割となっていました。

 

>> Omiai(おみあい) 公式サイトはこちら

 

まとめ

婚活サイトを本気で活用するならば、

  • プロフィールを詳しく最も時間をかけて仕上げる。
  • やり取りのメッセージは、頻繁に返信する。
  • 相手を1人に絞らず、アプローチされた方とは同時にやり取りを行なってから1番を決める。

これらのことが、この記事でのまとめとなります。

結婚を考えた際に相手を探すのは最も重要な目的であり、婚活を手段として利用し婚活サイトは便利なツールであります。

多様な人々に適されるように分析されているのできっと皆さんにも良縁な相手が見つかることでしょう。

 

早速オススメされたサイトに登録してみたオワログ(@zinseiowata2)です。

 

結婚、、、できるのかなぁ?頑張ろう。最後までお読みいただきありがとうございました。

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 
出会い・婚活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オワログをフォローする
スポンサーリンク
【オワログ】人生オワタからの復活を目指す生活ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました