飲食はブラックすぎた!1年未満で退職されたYさんのケース

飲食はブラックすぎた!1年未満で退職されたYさんのケース ブラック企業
スポンサーリンク

\1日1クリック頂けると嬉しいです。/ うつ病 人気ブログランキング

 

 

Yさん(男性・年齢非公開)に、ブラック企業で働いていた際の体験談をいただきました。

うつ病とブラック企業は切っても切れない関係だと考えております。

 

スポンサーリンク

飲食業でのブラック企業体験談

私がブラック企業に就職したのは全国展開している大手飲食チェーン店でした。

20代で起業した社長が裸一貫で築き上げたので、30年以上経っても社長の座に居座っています。直営店のみで運営しているときはとにかくワンマン経営で、社長の部下たちも軍隊のような集団でした。

飲食店で即採用は危険

飲食店で即採用は危険

 

このチェーンにあるのはいつか自分のお店を持つという夢を実現すること。

若い力で会社を変えてほしいという触れ込みと、実際に急激に店舗を拡大していったので、自分にも活躍のチャンスがあると思いました。私も両親が自営業で飲食店を営んでいたので、自然といつかは自分のお店を持ちたいと考えていました。

即採用するほど人手不足

前職を退社してから、すぐ入社の面接を受けています。

応募した企業のチェーン店に食べに行ったところ、店舗の活気がよくてお客様目線という印象があり、とても好印象を抱きました。

この会社なら大丈夫かなと思い、書類選考は通過。面接は本社ビル(オフィス街の駅周辺)の応接室で行い、社内の雰囲気は感じることができませんでした。

面接では「夢と希望を持って新しいチャレンジに取り組みたい」と訴え、面接官には大いに納得してもらえました。この面接ではっきりと手応えを感じ、即採用となりました。

まずはひと段落できたので嬉しい反面、翌日から勤務できるかといわれ、ちょっと不安になりました。

アルバイトで飲食店の全般作業(ホール・キッチン・レジ)を経験し、料理も得意だったので飲食業に対する心配はありませんでしたが、どちらかというと人手不足なお店への配属には不安が生じました。

アルバイト時代も大手飲食チェーン店で働いていましたが、その店舗は人手が常に足りない状態で常時いた2名の社員は引っ切り無しに働いていたからです。

もちろん、今回応募した企業はアルバイト時代の親会社と違いますので、恐らく大丈夫だろうと楽観的に考えていました。

いきなり働くのは不安がありましたが、逆にいえば給料も早くもらえるので入社を決断しました。

初日は本社ビルでの研修ということもあって、スーツで出勤。中途採用や新卒の新入社員には研修スケジュールが渡されます。

しかし、大卒の新入社員と中途採用では研修内容が大きく異なり、座学だけで1週間を費やす新卒に比べ、私はわずか1日の座学で終了し、その翌日からは現場での実務研修という形になりました。

本社内には社長や幹部クラスが出払っていて、肩透かしを食らった感じになりましたが、そのときはいずれ顔を覚えてもらうこともできるだろうと軽く考えていました。

あとで分かりましたが、即採用して現場に放り込まれるのは人手不足な店舗への人員補充ということらしく、他所の企業と争うように店舗拡大に燃えている経営陣の思惑に現場が付いて行けないのが現状でした。

いい店長なのに休みがとれなくて可哀想

いい店長なのに休みがとれなくて可哀想

 

配属先は本社から車で15分ほどにあり、こちらもオフィス街で駅から徒歩5分くらいにある和風居酒屋です。駅周辺は新幹線も停車することもあって、平日はすごい賑わいを見せています。

大手企業の高層ビルやビジネスホテルが立ち並び、その一角にあるビルの地下1階が私の勤務先店舗でした。

ランチは定食がメインでディナーは居酒屋に替わるスタイルで、営業時間は11時から23時。近隣の最終電車は0時過ぎまであるので、ギリギリ0時にお店を出ても電車で帰宅は可能といえました。

店舗勤務初日は9時半。私を迎えてくれたのは恰幅のいい男性で、いかにも居酒屋の店長という感じがしました。ここで勤務して分かったことは「目上の社員には敬語絶対」、「お客様絶対」、「社長の支持は絶対」です。

店長自体は愛想もよくて元気があり、話しやすくてアルバイトの面倒見もいいことから、一緒に働きやすい人でした。

しかし、げんなりしたのは店舗に休日がなく、店長自体に休みがないことです。シフトを組む時に店長自身は私を週1回休ませてくれますが、自分は休まない。これは一緒に社員として働いて厳しかったです。

オフィス街ということもあって、週末の日曜日だけはランチ営業がありません。土曜日も集客は少な目です。私は土曜日に休みがもらえたので1日半の休みといえました。

これはこの会社では現場で珍しいほうといえます。店長は日曜日の半日だけ。ただ、土曜日だけは遅い時間まで集客が少なく、日曜の仕込みもほとんどないことから、仕事のできるアリバイトに任せて22時くらいには上がっていました。それでもさすがにキツイでしょう。

まだまだ私が一人前でないのも要因とはいえました。しかし、私が入社する前までは時折本社のマネージャーや他店舗の店長さんが助けてくれたらしく、私が入ってからはそれもなくなりました。

拘束時間が長すぎる中でまさかの店長へ

しかも、拘束時間が長い。毎日フルシフトなので、休む暇がありません。

営業時間はランチタイムが14時で終われば、ディナーの17時まで閉店するので一息つけるのはその間だけ。あまり難しい作業はほとんどないので、私も1ヵ月が過ぎるころにはレジ締めや仕込みなど覚えてきたので、店長に楽をさせてあげられましたが、それでも休めない。

最悪なのは私が2ヵ月間過ぎたころに店長の異動が決まり、まさかの店長昇格となりました。

「この休みがない状態を今後続けていけというのか」

私の未来は真っ暗になった気がしました。さすがにマネージャーに訴えましたが、きちんとフォローするからといわれただけで、3ヵ月たつと晴れて店長の名刺をもらいました。

3ヵ月で店長になり、社長臨店の地獄

店長になってからはアルバイトの視線も変わり、以前の店長と比較されるようになっていきます。

急な欠勤が増え始め、少ない人数でやりくりしなくてはなりません。しかも店長になると本社会議にも参加する必要があります。日々の営業業務だけでなく、日報やメニュー改善、集客を上げる販促活動に至るまで、ランチ時間が終了した貴重な休憩時間を使って本社からの課題に取り組んでいました。

椅子には座れるものの、頭はフル回転。とにかく売上が落ちると、その理由を大勢の前で、大声で説明しなければならず、軍隊かここはと感じていました。

極めつけは本社スタッフの来店です。社長が臨店するという情報が入り、急きょ本社スタッフがシフトに入ってきました。社長の好きなメニュー、店舗の清掃、備品の配置に至るまで、今まで顏を会わせていない人物があれこれ指示を飛ばしてきます。

私の上司にあたるマネージャーがぺこぺこ頭を下げているあたり、かなりのエライさんであることは間違いありません。

「こんなときだけ来ても邪魔なだけ」

と思いつつも、早く臨店が終わってほしかったので、指示通りに動きました。

しかし、本当の地獄は社長が臨店したとき。臨店が始まると、社長は他のお客様には笑顔で会釈するなど好印象を残しますが、なぜか周囲には取り巻き連中がおり、異様な光景であることは間違いありません。

玄関付近のPOPやメニュー表、テーブルやグラスの清潔感、お客様が絶対気にしないだろうと思うオブジェの配置。細かい指摘が100カ所ほどあり、そのすべてを取り巻きの幹部クラスがメモで控え、マネージャーに指示を出していきます。

私は営業があるので参加せずにその光景を唖然と眺めていました。社長自体は私のような新米には笑顔で手を振って「頑張って」と接してきましたが、幹部クラスには厳しく叱咤。そのギャップに怖くなりました。

始発で帰宅することもあり、1年もたずに退社

社長の指摘を受けて緊急ミーティングが営業時間終了後に開かれました。この地域のエリアを担当している重役とマネージャー、そして私の3人でもう一度細かいチェックをし、日付を決められて改善することになりました。

これが終わったのは3時過ぎ。当然終電もなく、始発まで店舗で資料に目を通して過ごしました。睡眠時間は2時間程度。布団に入ってすぐに出勤時間で目覚まし時計が鳴り響きます。

私が店長になってからは日々の営業で人が少なくて休みが取れず、安月給のまま拘束時間も長い。それでいて社長の課題まで突きつけられてはたまったものではありません。

私が店長に昇格してからというものの、その後半年で休みは2回、それも店舗から電話連絡が必ず入るため、頭をリセットできたことはありません。14時から17時までは休憩扱いになるらしく、時間の使いかたが悪いと怒られたりもしました。さすがに1年もたずに退社しています。

今はフランチャイズ展開するようになり、社員も1週間に必ず1回は休みが取れるようになったと当時から頑張っている年配アルバイトが教えてくれました。

私は次の飲食業では店長からマネージャーに出世できましたが、この会社で体験したことを絶対にやらないように気を付けて取り組んでいます。

飲食業に就職する際は、事前のリサーチはとても大切です。そして、ここはないと感じたら早く見切りをつけて退職してください。あなたの体調が一番大切です。

 

 

【人生どん底からの脱出】オワログの自己紹介
うつ病と戦う方のブログを厳選!1人じゃ心細いアナタへ
【感想・レビュー】「9マス」で悩まず書ける文章術/山口拓朗
毎日を変える宣言!アプリ「気分ログ」の使い方・特徴
【レビュー】届く! 刺さる! ! 売れる! ! ! キャッチコピーの極意 弓削 徹

コメント

タイトルとURLをコピーしました